スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< hpよりまずmac miniについて考えるべきなのだろうか | ラフ・シモンズのジル・サンダー >>

薔薇のために



最近うっかり入ったブックオフで手に取った漫画なんですが凄いおもしろかった。小さくまとまって文庫にリニューアル化されてる漫画(ああいうの、何て言うのでしょう?)で9冊もあり、5巻の途中で閉店時間が来てしまった。さらにそのブックオフには8巻が抜けていたので、2回めは漫画喫茶へ。号泣しながら読破。

例えばバカ姉弟は万人にオススメだけど、この漫画は万人に・・・というわけにはちょっといかないですかね。いわゆる少女漫画というか、ありえない設定だし。でも私は号泣。簡単に言うと家族の話です。ほんと私は家族ものに弱い。とは言え、渡る世間は鬼ばかり・・・みたいな「血縁」とか「親戚」みたいな切り口は苦手。視点が家族、というのが好きなんだな。この話、前にも書きましたね。だから「KILL BILL」とか全然家族の視点な訳で、凄い好きなんですよ。あと「とらばいゆ」とかね。

その「とらばいゆ」なんですが、先日TSUTAYAで中古ビデオが500円で売っていたので思わず購入しました。同居人と観て、また号泣。ほんとストーリーもさることながら、キャスティングと台本が絶妙。「NANA」の監督やるなんて全然予想してなかったですねー。←どうこの台詞?人の人生を予想する暇があったら自分の人生予想しろっつー話でございますね。
Posted by Ayana * comments(4) * trackbacks(3)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Posted by sao  at 2006/01/24 8:55 PM
>ほんと私は家族ものに弱い。とは言え、渡る世間は鬼ばかり・・・み>たいな「血縁」とか「親戚」みたいな切り口は苦手。

一緒〜!w
家族ものに関しては、かなり涙腺ゆるめです。
Posted by マツオカ  at 2006/01/24 9:29 PM
私も去年薔薇のために読みましたよ。最後も気持ち良く終わり、女性として主人公がこうなってほしいな、という気持ちをちゃんとつかんでいます。わかりやすくて、でも単純すぎない所がよかったな。
Posted by マルタン  at 2006/01/25 10:36 AM
こんにちは! 
こちら、東京散歩クルージング
リンク貼らせて頂きました!
今後ともひとつよしなに。
Posted by ayana  at 2006/01/26 11:16 PM
>sao氏
あれでしょ。「東京タワー」でしょ。
少女漫画(昔の)テイストが嫌いじゃなかったら、これも是非読んでみて!


>マツオカ氏
だから、blogはじめたら連絡くれってば!
読んでたのね。そうそう、終わり方もいいよね〜裏切らない感じが。
結構ノスタルジックなテイストです。


>マルタン氏
ありがとうございます・・・こちらも貼らせていただきますよー。
日々、参考にさせていただいております。
今後ともどうぞよろしく!


Comment form




 

   

Trackbacks

-  at 2007/03/25 9:41 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-  at 2007/04/11 10:30 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-  at 2007/05/04 6:08 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。

Trackback url: