スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

バイバイ2008



すべりこみで2008年にお邪魔しております。ども。
あまりにもお久し振りが続いているので勝手がわからない借りて来た嫁みたいな心境ですが(なにそれ)、どーでした今年。みなさま。先程「バイバイ」が「売買」と変換され、「2008」なのに早くも「2009」と打ってしまった私の2008はですね、まぁもう色んな人に対面で話してるのでここで色々書く気はないんですが、かなり様々なことがあった年でした。去年もそうだったけど何か色々ありますここ最近。で、2008は地味に本厄だったんですよね。まぁ大病しなかっただけ有り難いと思ってます。

今年を振り返ってどーのこーのは年明けやるとして、とりあえず2008ベストをまとめてみたので興味のある方はごらんくださいませ。

--
◆音楽(2008リリースじゃないものもあります)

★M.A.N.D.Y. / Fabric 38

 >M.A.N.D.Y. / Get Physical
 >M.A.N.D.Y. / Get Physical Vol.2
 >M.A.N.D.Y. / Body Language Vol.1

Mr.Scruff / Ninja Tuna
Haruomi Hosono STRANGE SONG BOOK
Booka Shade / The Sun & The Neonlight
Booka Shade / Movements
Veruca Salt / Blow It out Your Ass It's Veruca Salt
Ricardo Villalobos / Taka Taka
Matthew Dear / Body Language Vol. 7
SIA / Some People Have Real Problems
Osborne / S.T.
Ellen Allien / Sool
Cobblestone Jazz / 23 Seconds
Apparat / Walls
Apparat / Things To Be Frickeled
3cmtour / 3cmtour4seasons12months

Fabric 39: Robert Hood
Fabric 37: Steve Bug
Fabric 42: Âme
Fabric 34: Ellen Allien
Fabric 41: Luciano
Fabric 36: Ricardo Villalobos
Fabric 11: Swayzak
Fabric 17: Akufen
Fabric 40: Mark Farina
FabricLive.41: Simian Mobile Disco
Fabric 23: Ivan Smagghe

◆映像

★僕らのミライへ逆回転

ダージリン急行
NARA:奈良美智との旅の記録

◆本

★縁は異なもの / 白洲正子, 河合隼雄

Organic Base マクロビオティックと暮らす / 奥津典子
国のない男 / カート・ヴォネガット
世界を信じるためのメソッド / 森達也
アシュタンガヨガ―YOGA CHIKITSAの効用と指南書
Under Pressure from 2006 to 2007 / Rita Ackermann
家族のごはん作り 1,2 / 有元葉子
デスノート
バガボンド
もやしもん
よりみちパンセシリーズ

◆展示やライヴなど

★for maria(展示ではありませんが)

アネット・メサジェ@森美術館
HIM@nest
Z@ERA
mouse on the keys@nest
dosh@nest
theo@metamorphose
--

なにこれって感じですが、とにかく私の2008はM.A.N.D.Y. / Fabric 38に集約されると言っても過言ではないのでR。つまりはget physicalとFabricということですね。
get physicalはひとりきりで盛り上がってまして、M.A.N.D.Y.が好きなんですがBooka ShadeのMovements DVDを観たら何かとてもハマってしまいました。ハイ。って感じです。あとはNinja TunaとTakaTakaと……、ダンスミュージック多いですね。異色のVERUCAは10年以上前のものですが悲願ということで許して下さい。
Fabricシリーズはどれも良かったんだけど、一応今年集めたものを好きな順に並べてみました。

つーことで、みんな3cmtour買ったよね?

映像や展示等、今年はあんまり精力的に見なかったように思います。
蒼井優狙いの映画は全体的に不完全燃焼が多かったし。ああ、ミスター・ロンリーも今年かぁ。何か今年は結構長かったです。

悲しい別れもあったし、信じられない裏切りや、冗談のような事故もありましたが、つまり、終わりにすることはいつでも出来るなかで、どれだけ頑張るか……という年でしたね。だから長かったんだと思いますが。

もうちょっと言うと、私の2008年はM.A.N.D.Y. / Fabric 38と松潤に集約されていたと言っても過言ではないのでR。つーことでその辺の話は年明けに。

ではみなさま良いお年をお迎えくださいませ!
2009年もどうぞよろしく、もう少し更新します。

Ayana
Posted by Ayana * comments(2) * -

父思う



こんにちは、グランジ出身です。
上記の写真を見てすぐに頭で『dust cake boy』が流れるなんて筋金入りですよね。
そんな私も情報通ソウルメイトからの金曜朝のタレコミには少々狼狽しまして、日々の不条理も一瞬忘れちゃうほどだったのですが、まぁ本人が選んだことだから幸せになってほしい。そう願うばかりです。

ってか正直岡田くんは結構いいんじゃないかと。

最近会った人にはここぞとばかりに話してるんだけど、私は「松潤だったら蒼井さんとつきあっても別にいい」と思っておりました。それで、その延長線上、っていうのはあまりに岡田くんにも松潤にも蒼井さんにも失礼な言い方なんですが、何ていうか暎太とか加瀬亮とか松山ケンイチとかさぁ、ああいう(ってまとめるのも失礼ですが)感じの人じゃなくてよかったなぁ、父としては。

いいじゃんいいじゃん、ジャニーズ万歳。

ま、上記の人誰も会ったことないですけどね、私は。

でも松潤だったら云々、っていうのはやっぱり私は松潤とゆー存在に対して同志のような目線で接してるんだなと。んで自分が付き合えないから松潤頼むよ、みたいな完全に狂った思考回路から出た考えなのだなーと思います。ナチュラルに。

だから松潤の選ぶ相手というのは、それはそれで非常に気になるのであります。
それすなわち、ええっやっぱり彼女いたんだー!ショックー!とかそういうことではなく、センスの悪い選択したら許さんみたいな感じで、つまり私は松潤側の人間っていうか……。松潤やるじゃねぇか、と思わせてほしいのだよね。



んで、メタモの感想とか書きたいなと思ったまま一週間経過してます。すみません、また別途。天候は微妙でしたが楽しかったです。結構寝てしまいましたが、目当てはバッチリ押さえたのでヨシ。ジャンキー臭漂う(ゴメン)ルナーステージは今回一度も行かず、色々楽しみました。諸々また書きます。

が、いっこだけ。

G2Gがフュージョンバンドにしか聴こえなかった私は病気ですか?

それではまた。
Posted by Ayana * comments(2) * -

松本さん、と呼ぶ日も近いかも



どもです。
こちら迷走の日々を過ごしている32歳ですが、皆様はいかがお過ごしですか?
基本的に松潤ブームはまだ続いてまして、色々見たり考えたりしております。軽い現実逃避かなと最初は自分に悪寒だったし、公共の場で松潤を見ると(ポスターとか)照れたりとゆー謎の反応(特に旦那が一緒のときとか)を見せていましたがそれも一段落。
よかったよかった。

松潤の何がいいかという話なんですが、基本的に頑張ってるとこじゃないかなと思っております。ニュータイプ現る!という感じ。前にも書きましたが、嵐の中で私が好きなタイプって、パッと見、というか、プロフィールと写真だけ見たら、絶対松潤じゃないわけです。もしそうだったらもう好きになっていたはずだ。うん。
だから何だろうなー、普通にリスペクト?ある意味、やや安室さんに近いものがあるかもしれない。いや、全然違うんだけど、何かこう、松潤は、安室さんに対するリスペクトと、ブリトニーに対する興味深さを足して割った感じかね。って女じゃねーかよ、ふたりとも。
何か男性でこーいう、カジュアルにリスペクト、みたいな人ってあんまり居なかったしなぁ。今まで。つーのは自分に置き換えることが、何だかんだ言って難しいからだと思うんだけど。
だからニュータイプです。

で、別に花男も東京タワーも隠し砦も観てないわけなんですが、松潤が武蔵役だとゆーのがまた興味深いなと思っていまして。
というのは漫画『バガボンド』の武蔵に対する気持ちと、松潤に対する気持ちがどっか似ているのですね。私の中で。



えーと私はこの漫画に出てくる小次郎が大好きで、結婚したい漫画キャラ4人のうちのひとりなんですが、凄い武蔵と対極な存在なんですね。ま、いわゆる天才とゆーか、向こうの世界の住人です。
で、武蔵はというと自分探求型で、何か自分を見ているようで嫌になっちゃうこともあり、一応他人とは思えず「まぁお互い頑張ろうぜ」と肩をポン、みたいな目線で見ているんですが、結構武蔵と松潤のスタンスって似てねぇ?みたいな。
いや、どっちも直接話したこととか無いですが。

何か思考回路がわかるというか、そういう存在って居ますよね。あ、次にこう来るなみたいなのが。武蔵とか松潤って、私にはそういう存在です。んで、小次郎とか、あとはうーん、加瀬亮とか?にはそういうの全然感じない。
前者はちょっとハラハラしちゃうというか、格好悪いところも見えてしまうんだけど、後者はそーいうのどーでもいいですからね。無条件に好きみたいなのがあるし、逆に甘くなるというか。前者には厳しい。

そんな中、それでも私の100倍は頑張っている松潤(と武蔵)な訳で、そーいう部分は素直にリスペクトしたいなと。だから何なんだって話なんですけど、はい。

あと二宮くんが何かで「ファンのために存在するのがアイドルなんだから、ファンの期待に応えるのが大前提だし、それを裏切って自分のやりたいことをやる、みたいなのはちょっと違う。それでは存在意義がなくなる」みたいなこと言っててスゴイナーと思いました。

よくわかんないけどもう終わっていい?すみません、何か。
Posted by Ayana * comments(4) * -

Strangers?



iMacが帰って来ました。iMacが連れ去られている間にmixiが更新、mixi radioなるものができていたんだけど、それを初めて使ってみています。凄いねー、上手いなと思ってしまいました。こうやって色々な「一部の」ものだったことを、大衆向けに組み直しちゃうところが。mixiが凄いのは学習能力あるところだと思います。

好きなアーティストの登録情報や聴いた音楽の履歴なんかから好みを割り出して流してくれるんだけど、そのレイアウト等はご覧の通りApple(つーかitunes)なしには存在しなかった感じです。まぁ詳しく言うのは避けますが、たまに入るプロモーションのうざったいことを差し引いても面白いなと。

ApparatとかKristin Hershなんかが無料で聴けちゃうこのオトク感。Dinosaur Jr.やStoogesが流れてきちゃったりして、わーい。みたいな。Tori Amosってけっこういいね。とか。Orbitalが流れたのには参ったけど。あんなに好きだったのは何だったのかなぁ……。
楽しすぎです。

しかし、結構な割合でGwen Stefaniがかかるのは何故なのか?
好きじゃないぞ、全然。



世間では花男、花男とうるさいけれど、花男と言えば松本大洋、なイッツ・ア・スモール・ワールドの私なので、それが「花より男子」を指しているとわかるのに若干の時間を要しました。
大学時代の友達のおかげで「花より男子」は読破し、花沢類に至っては "2D版・私の好きな男四天王" にもエントリーしているわけなんだけど(他「バガボンド」の佐々木小次郎、「DEATH NOTE」のL、「デッドエンドの思い出」の西山くん。)、ドラマは全然役者に興味が持てず、ほってありました。だって花沢類が小栗旬なんて!やだよう、花沢類はそんなんじゃないもん!とかいう感じで。お前は誰?アホですね。
とはいえ小栗旬はTHE WORLD OF GOLDEN EGGSの声優をやったということで株は300%くらい上がりました。

それはともかく、ほってあった実写の「花より男子」の露出が激しい今日この頃、あまりに姿を見すぎて気になって仕方なくなったのは、小栗旬ではなくこの人

というのは、最近のダ・ヴィンチ8月号(さすがジャニーズ、画像が出ていない)にてレーモン・クノーの「文体練習」を持っていて、何なの?このセンスの良さは。むしろキナ臭い。と思って気になっていたんですね。
んでauとか花男の販促関係が街に溢れてるんで、何かこの人よく見るなぁ、みたいな。
でYouTubeで花男を検索してみたのがはじまりで、「きみはペット」のモモにハマってしまいました。



いやいや、脇を固める役者陣もなかなかで、原作も面白い、でもとにかくモモ役が松本潤にぴったり。というか。タイトルが物語るわかりやすいストーリーなので説明は割愛しますが、いいな〜、モモ。一家に一台だな。
でもこの設定少女漫画だからあり得るっていうか。まぁ、いないでしょこんなヤツ。みたいなキャラなんだけど。いや、そんなキャラしか出てこない漫画なんだけど。
つーわけでかなりハマってみましたが、昔30代でKAT-TUNのメンバーに入れ込んでいる人がいたのを思い出し、いや〜、まさか……。と背筋が凍ったりしてくわばらくわばら、と祈ったり、嵐の何か(コンサート映像とか)を見たりして特にときめかないので安心したりしています。いやいや、松本潤というよりはモモなんだろうなーとか言い訳(宛先不明)したり。この呪縛から逃れるために「花男」も観るべきか?
で、演技は普通に上手いと思いました。同じジャニーズでも「おせん」のあいつとは大違いだぜっ。まぁ、あれは脚本にも問題あるが。



でもやっぱ衝撃度ではこれが上ですね。

バカ姉弟×加瀬亮

んーと、HOWIE Bを久しぶりにきいたけどなかなかいいな。
あと、サザンってヴォコーダー使ってもいい存在ですか?どうでもいいけど何か不快。
Posted by Ayana * comments(2) * -

散財日記

久しぶりの日記とは思えないタイトルですが、色々あっても日々は流れていくもので、それがとてつもなくしんどい。のは歳だからでしょうか?よくわからないけど、ぼんやりした頭がますますババロアのようになって、いよいよ使い物にならなくなっている今日このごろ。
自宅のiMacにも色とりどりの縦線が5,6本入ってまして、修理に出さなきゃいけないんだけど今はどうしても案件ふたつ抱えて無理な状況。

そんな中で、諸々の不条理にぼやくことも哀しむことも違うような気がしてならないのです。ってのはとりあえず置いといて、これは散財日記なのだから。

で、何を買うたかといいますと、ついに、今更、やっぱり、なんのつもり、等脳内の4名ほどが呆れていますがまずはコレ


結局買うんだね……。と自分に突っ込みを入れながら(4名が)、それでもやっぱり買ってよかった。めちゃくちゃ使いやすいです、まさにGR-1のデジタル版という感じ。
今までコレを買わなかった理由としては、
・GR-1を持っている
・デジタルに抵抗があった
・ちゃんと撮るなら一眼、メモなら携帯でいいと思っていた
といったところなんですね。実際それでやってきてはいたのですが、そこはHIROMIX世代のオレ。日常にシャッターチャンスが隠れているのでありまして、一眼を肌身離さずってわけには、というとこなんですよね。というかコンパクト歴長いしな(HIROMIX世代だから)。一眼は間に合わせ系の機種しか買ったことないし。

あとはねぇ、私は絹目が好きなんですが(ネガの話)、最近めっきり現像所が減ってまして光沢しかなかったりとか、何かやる気のなさが伺えるんですよね。無理もないけどね。
まぁそんなこんなで。
いいじゃんいいじゃん、メモもこれでしちゃえばいいじゃん。
化石のような発言をさせてもらいますと、デジカメって撮ったらすぐ見れるのがいいですね。って初めて実感しました。今までコンパクトのデジカメを触ったことがないわけではないのですが、それで「写真を撮る」みたいな気持ちになったことがなかったもんで、モニタで撮れてるか確認する程度でした。でもGRは違う、ってわけです。
しかもマクロとか絞り、露出、ISO、そういうものの調節がお手軽にできる。操作性が計算されているんだね。すごいなー。

少し前にR8ってのが出たと思うんですが、これはGRの半分くらいの価格なんですね。デザインも悪くないし、実際買ってる友達とかも居てどうなんだろうと思っていたのですが、買う際に店員の人と色々話して、いやGRしかあり得ないでしょという話に。(R8もいいカメラです、念のため)
レンズの違いのほかに、GRはズームレンズが入っていないところがポイントで、要するにクリア感が違うんですと。これは自分で被写体に近づいていくカメラなんですよと。なるほどなー。最初「スナップとか撮るんですか?」みたいな冷ややかな態度だった彼は、GR-1を使ってるという話をしたとたん態度をガラリと変えてくれました。もはやブランドなんだなーとしみじみしてしまった。

私は殆ど無名だった時代にGR-1を買ったけど(初めてのボーナスで買った記憶)、それって別にめちゃくちゃ目利きとかってことではなくてたまたま横浜のカメラ屋さんがすすめてくれて、現像した写真とかも見せてくれて、っていうのがあったからだし、その前はビッグミニを使っていたのだけど(HIROMIX世代だから。もういいですね)、同じのがまだ売ってたらそれ買ってただろうし。何か人との出会いというか縁というか、不思議なもんです、私のコンパクト人生。



散財日記その2は、久しぶりにHMVに行ったら色々見てしまい、大きな買い物した後なのでちょっと気が大きくなって買ったれ買ったれと勢いづいた人たちです。



以下。

・Free Kitten/Inherit
・OSBORNE/S.T.
・ELLEN ALLIEN/SOOL
・JOAN AS POLICE WOMAN/TO SURVIVE
・PORTISHEAD/THIRD
・M.A.N.D.Y./Fabric 38
・MATMOS/SUPREME BALLOON
・Basic Channel/BCD2
・FOUR TET/なんか4曲入りのやつ
・SUN ELECTRIC/LOST & FOUND 1998-2000

つー感じで、1枚古いのが混ざってますが、
私の好きな音楽って今こんな感じなのかもしれない。
ロックのフロアなんかもぐるりと見たのですが、何か壮大で今はいいかなという気になってしまう。モトリーが新譜を出していたのには衝撃受けましたが……。
あと世間を賑わしているのはドラゴンアッシュのよーなジャケのCOLDPLAYですか?(嫌いじゃナイヨ)

どんな音楽が好きなのか、そーいう答えって必ずしもジャンルである必要はないと思うのだけど、もちろん。
それでも誰かとの会話のときに、何かと引き出しを(自分サイズの)持っていたいという気持ちはあるわけで。気心知れてなければなおさらで。私の場合なかなか説明しづらいなと思ってます。結果として、旦那がバンドやってるからどうしても比較の対象となってしまって、いや、私は音楽そんな詳しくないんで。みたいに卑屈になりがちっていうか。聞いてねーよ、んなこと。みたいな。
もっと爽やかに(軽くということでなく)会話をすべく引き出しを以下同文。

というわけで何かいい表現方法はないかな。と思っているんですが、やっぱりこの人たちが私の嗜好を凄く表現してるな、ってのがSONIC YOUTHとFOUR TETとPLAIDとMr. Scruffなんですね。何か軸はあるけどクロスオーヴァーみたいな?色とか透明感とか空気感とかそういうのが凄くハマるというか。あと音楽だけじゃないっていうか……、上手く言えないけど。
どんなに好きでもPJ HARVEYとかROYAL TRUXはちょっと違う。
人にフォーカスしちゃうとPatti SmithとかTARAなんかも入ってきますが。
ほんとはロックと言いたいけれど、という感じです。

それって説明になってないよね。わかっとる。

で、UNIT4周年は行こうと思いマース。
Posted by Ayana * comments(8) * -

2008.6.18.



お久しぶりです。
色々あったようで、何にもなかったようで。
日々をぼんやりちぎっては投げ、しておりました。

18日、大好きな人が他界しました。
私は彼女を本当に好きだったし、羨ましくも思っていたし、
なにより尊敬していた。
美人というだけでなくとても可愛くて、
突き抜けた聡明さと、やさしさに溢れていて。
何を言える立場でもないし、
何ができたわけでもないのかもしれない。
それでもやっぱり、気持ちの整理なんてつくはずもない。

だって、ついこの前・・・

愕然として、動揺して、
中途半端な後悔をするばかりです。

連れて行かれたわけではないのだと思う。
扉を開いたのだと思う。

彼女は。たぶん。

今はただ、祈るばかりしかできないけれど。

天国でエリサと会ってるかな、なんて
馬鹿なことを考えてしまいます。

だけど、きっとふたりで笑っているよね。

ゆっくり休んだら、こちらを見ていてね。

今までありがとう。
ずっと大好きです。
どうか、どうか安らかに。

Posted by Ayana * comments(4) * -

ハイブリッドな自己表現



こんばんワイン。(これはじめて聞いたとき感動したけど今改めて書いてみると普通だな)

お元気ですか?
最近の私はボンヤリとしながらも、DAISHI DANCEという人の存在がとても気になっております。顔もわからないながらに。
いや、音とかDJも聴いたことないんですけど。
ってかそもそもDJですか?
YOJI BIOMEHANIKA(トランス界の貴公子)と同じくらい凄い名前だよね。

んでどーいう風に気になるのかというところなのですが、それは沢尻エリカが気になるテンションと似ている。
それなりにエリカ様にはまってみたオレですが、どんだけなのかというと、高城剛の『ヤバいぜっ!デジタル日本』を購入して読破してしまった位でございます(去年の話な)。
かなりの程度だと思いませんか?
ちなみに今月某ファッション雑誌の表紙をエリカ様が飾っていて、インタビューなんかも載っているのですが、明らかにそこかしこに矛盾のある内容で興味深く。本人の言ってることってよりも紙面の構成として。

しかしエリカ様のインタビューとか読むに。
昔にも書いた気がしますが、自己表現がどーのとか言ってる人より晩ご飯ちゃんと作る人のほうがどう考えても偉いからね。いちばんの偉業は明らかに子育てだと思う今日この頃ですよ。
本能のままにとか、やりたいことをやるみたいなことって憧れの対象になりがちだけど、なかなかどーしてって話だと思います。勿論夢に向かって頑張る(頑張るっていうのもアレですが)のは素晴らしいことだしリスペクトです。

チベットが大変なことになっているのにこんな低俗な内容しか書けず恐縮です。



しかし19日に友人の結婚式があるのですが、それ12時スタートなのね。
色々換算して出張の戻りが19日朝9時成田着だったオレ。
ジーンズで教会のほうに赴いてもよろしかったでしょうか?
みたいな。

そんな私は知らない間に32歳になりまして、
32歳の抱負はライフワークを(以下略)。
皆様今後ともよろしくお願い申し上げます。

彩奈拝
Posted by Ayana * comments(15) * -

mixiから皆さんに質問です!



なんか久しぶりにこういうのやってみようと思いました。
自分を振り返る時期なので(こういう低次元の話題からヒントが出ることもあるかと期待しつつ)。
mixiから100問ご用意しました、の中30問抜粋。
まずは微妙なコメント付きの質問から。

* 音楽好きなあなたに10の質問
聞くと気分が高まったり、切なくなったり…音楽の存在って、とっても大きいですよね。あなたはどんな音楽が好きですか?

* 1.好きな音楽のジャンルは?
* 2.好きなアーティスト、5人選ぶなら?
* 3.初めて買ったCDは?
* 4.無人島に一枚持って行くならどのCD?
* 5.自己ベストを作るなら?10曲選んで!
* 6.カラオケで絶対歌う曲は?
* 7.落ち込んだときの一曲は?
* 8.気分を上げたいときの一曲は?
* 9.音楽を買うなら、お店でCDを買う派?ダウンロード派?
* 10.思い出と共に残る曲は?(恋愛・青春時代など)

* 恋するあなたに10の質問
どれだけ成長して経験を重ねたって、恋に悩みはつきもの!ちょっと苦しいけど、ステキなその思いを聞かせてください!現在ラブラブな恋人がいる、という人もぜひ答えてみてくださいね。

* 1.今、あなたが恋してる人はどんな人?
* 2.その人の好きなところは?
* 3.その恋は今後どうなりそう?(ずっと続いていきそう・結婚できそうなど)
* 4.今の恋の悩みを教えて!
* 5.好きな異性のタイプは?
* 6.恋をしたら、すぐバレる?バレない?
* 7.一目惚れしたことある?
* 8.コレをされたら惚れてしまう、という行動は?
* 9.コレをされたら百年の恋も冷める、という行動は?
* 10.恋と愛、どう違う?

* 異性♂♀の気持ちが分かる!?10の質問
男って、女って、何考えてるかわからない!そう思ったことありませんか?この質問をみんなで答えれば、お互いに分かり合えるかも!?

* 1.朝の準備、所要時間は?
* 2.特に予定がない日の、家での過ごし方は?
* 3.毎月の携帯料金はいくらくらい?
* 4.一ヶ月の出費で一番お金がかかるのは○○費!
* 5.初恋はいつ?
* 6.男子/女子のココがうらやましい!と思うところは?
* 7.男子/女子のココが大変そう!と思うところは?
* 8.男子/女子のココが理解できない!と思うところは?
* 9.一日だけ異性になれるなら何がしたい?
* 10.生まれ変わったら男と女、どっちになりたい?

つーことで答えは次回に。



◆今日のちょっといい話◆
最近mixを聴きまくっているELLEN ALLIENがオレより歳下だった。ガーン。
何か、ELLENが歳下ってことがショックなんじゃなくて、私がELLENより歳上っていうことがショック。わかるでしょ、この違い。
悲痛な叫びを旦那に向けると「だからアダム・ピアースも俺より歳下なんだよ!でも大丈夫、ダグは俺より歳上」と微妙に話題が変わっていた。
Posted by Ayana * comments(4) * -

2007年振り返り、2008年見定める(その3)

遅くなりましたが2007年ベスト。

◆MUSIC
PJ Harvey/White Chalk
--
高橋悠治/Satie Piano Works 1〜3(新譜ではないです)
keiichiro shibuya/filmachine phonics
ATAK/ ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT3
Bjork/Volta
HIFANA/CONNECT
安室奈美恵/PLAY
UA/Golden Green
Prefuse 73/Preparations
yanokami
DJ Kentaro/Enter

◆MOVIE
バベル
インランド・エンパイア

◆EXHIBITION
pipirotti rist「からから」@原美術館
filmachine phonics@apple store
センガイ@出光美術館

◆LIVE
SONIC YOUTH×V∞REDOMS@STUDIO COAST
SOFT@UNIT
RECLOOSE@UNIT
mouse on the keys, mas@SUPERDELUXE
BALLOONS@UNIT
BALLOONS@ERA(12/23)

◆その他
・BALLOONS ’451 deg F’ リリース
・結婚
・イタリア出張3回
・沖縄がすばらしかった
・ISIS編集学校

というわけで、2007年は色々な表現に触れたりなんだりということよりも、
自分の無力さと向き合い悩み苦しむことに忙しかったという印象。
でも暗くないですよ。
あと、信じられないくらい色々な人との出会いがあったと思う。
出会いというと初対面という感じだから、ふれあい?
でもほんとに、親族含めですけど会話というかふれあいが顕著でした。

じゃー2008年はどーなのかっつーと、ライフワークをみつけること、と前述いたしました。
んだけど2007年の1月の日記を見てみたら、全く同じよーなこと(ライフワークの模索)と書いていやがりました、オレ。ほんとやんなる。
しかし2007年、私は精一杯ライフワークを模索したなと思っています。そんな2007年があったからこそ、2008年は堂々とライフワークを見つけるのでございます。うざいね。

つーかもう2008年も10分の1くらい終わっとる。

まぁ多分2009年も2010年もライフワーク探すんでしょうよ!どうせ!
しかし35か何かまでには本気でライフワーク(というか軸のようなもの)を決定しないといけないようなことを算命学で言われたよーに記憶しています。それまで頑張ろー(遠い目)。

2008年、もうちょっと具体的には、お金を大事に使おうと思います。お菓子とコーヒー買い過ぎ。
Posted by Ayana * comments(4) * -

2007年振り返り、2008年見定める(その2)



どもー。
最近capsuleが賑わっていますね。悪くないけど素顔を見ると微妙だなーと思ってしまう私であります。あと過去の作品とか。改めて私にとっての音楽は音楽だけじゃなくて、アートワークだったり諸々、視覚に訴える表現も重要な意味を持つのだなぁと確認。実際ジャケ買いは自信あるもんなぁ。どうしようもないジャケで音が最高という場合もあるけどね。

何か話がそれましたが、capsule。ソレ関連でmegの新譜がいたるところでフィーチャーされていますが、この写真ではいてるスカート、私が結婚パーティではいてたのと同じだね。

「これはウエディングドレスじゃないよ、ステージ衣装だよ」

と花屋のおねいちゃんに言われた思い出が蘇ります。(ちなみに山下久美子に似ていると言われた。何か微妙だが的を得ている気もする)

つーわけで2007年を振り返るその2として、重大ニュースナンバーワンは、たぶん結婚したということになるのかもしれない。
これは不思議なもんで、した後に折に触れて重大なことになるのですね。しかもブヮー!って感じじゃなくてしんみりと。
する前っていうか「まぁ結婚してみるかー」みたいな時期や、それに向かって動いている時期はあんまり重みがない。し、実際たいしたことではないと思っていたんですよね。
正月の挨拶で従兄弟と話したとき「四季がまわって一年すれば実感するよ」と言われました。そんな会話を交わすのも結婚したからできたことで、面白いもんだなぁ、良かったなぁ、と思っています。

2008年はこの結婚をどう持って行くか、少し意識していきたいと思っています。それぞれがそれぞれのことをやるのもいいのだけど、それだけでは勿体無いのかなーというか。先日も書きましたが、自分探しとか仕事に求めるのは卒業しようと思います。自分を反映する、やりたいことをやる、そういうことはイキなのだけど、探してる時点で全く見つかっていないという意識を持っているということなので、そこは卒業したい。

そんな感じで振り返りと見極めはまだ続く。


--
当日、こんな感じのヴィジュアルでした

(C)Takeshi Ishibashi
Posted by Ayana * comments(0) * -